練馬区 内科 胃腸科 胃カメラ

HOME/練馬区 内科  胃腸科
診療案内
内科
消化器・胃腸科
肛門科

Information
予約方法(再来の方専用)
健康診断
リンク集
求人情報
よくある質問Q&A

医院案内
院長挨拶
アクセス・診療時間
設備紹介
お問い合わせ

Information
よくある質問

上部内視鏡検査ではどのような疾患の検査が可能ですか?

上部内視鏡検査、いわゆる胃カメラは、胃がん、食道がん、十二指腸がんといった
悪性腫瘍などの他に胃潰瘍や十二指腸潰瘍、急性胃炎、慢性胃炎、胃ポリープ、
十二指腸ポリープ、逆流性食道炎といった良性疾患の診断・検査に有効です。

胃カメラは苦しくないですか?

今までに胃カメラを飲んで苦しい経験をした、
または苦しそうなイメージをお持ちの方は多いと思います。

しかしながら当院の胃カメラは、鼻から挿入する胃カメラ(経鼻内視鏡)であるため、
経口内視鏡と比べ、舌の付け根を刺激することが少なく、嘔吐反射※はほとんど起きません。
※嘔吐反射とはいわゆる「オエッ」となる生体反射のことです。

また使用する麻酔の量も少なくてすみますので、より安全に行うことが出来ます。
さらに検査中も会話をすることが出来るので安心です。
鼻からの胃カメラを経験された方の95%が、「次回も鼻から」を希望されるとのデータもございます。
但し、鼻腔が非常に細い方など鼻からの検査が難しい方もおられます。

胃カメラの検査手順を教えてください。

一般的な鼻からの内視鏡検査の手順を以下にご説明させていただきます。

1:消泡剤(胃の壁をきれいにする薬です)をお飲みいただきます。
2:両方の鼻に局所血管収縮剤をスプレーいたします(出血しにくく鼻の通りもよくなります)。
  通りのいいほうの鼻に麻酔薬を注入いたします(局所麻酔ですので眠くなりません)。
3:次に内視鏡と同じ太さの、麻酔をぬったやわらかいチューブを挿入して
  鼻腔の局所麻酔を行います。
4:検査は左向きの状態で行わせていただきます。
  このときテレビの画面が目の前にありますから、検査の様子を見ることが出来ます。
  会話をすることが可能ですので、気になった点は検査中でもご質問いただけます。
5:検査の時間は通常約7〜9分程度です。
  細胞を調べる検査等を行ったときはもう少し時間がかかることもあります。
  検査後、結果をご説明させていただき帰宅となります。
6:眠くなる麻酔は使っておりませんから、すぐにお帰りいただくことが出来ますし、
  お食事を取っていただくことも可能です。

※当院では鼻からの胃カメラのほかに、希望される方には静脈麻酔(点滴の麻酔)を使った
  胃カメラの検査もさせていただいております。

胃や腸の検査を受ける施設を選ぶポイントを教えてください。

画面を見ながら内視鏡を進めるには熟達した技術が必要で、
医師の技量の差が苦痛に反映すると言っても過言ではありません。

当院では消化器内視鏡の専門医が対応しますので、大腸内視鏡はもちろん、
経口・経鼻内視鏡のどちらの検査も受けていただけます。

胃や腸のがんは日本人に増えている病気です。
早期発見のためにも40代以降の方は、特に自覚症状がなくても胃カメラを年に1度、
大腸内視鏡を4、5年に1度受けることをお勧めします。

ご予約はお電話にて24時間受付中
バナー1

しろた内科・胃腸科クリニック  TEL:03-5398-0200
+診療案内    内科  胃腸科・消化器科  肛門科
+Information  初診の方へ  健康診断  リンク集  求人情報  よくある質問Q&A
+医院案内    院長挨拶  アクセス・診療時間  設備紹介  お問い合わせ
CSS※削除しないでください。

COPYRIGHT(C)2009 練馬区 しろた内科胃腸科クリニック ALL RIGHTS RESERVED.